BLOG

IMG_5077
L1001812

この度、2017年10月1日に東京新木場 スタジオコーストで開催された、
MACKDADDY 20th anniversary live 『NEW AGE』にご来場頂きまして、
誠にありがとうございました。

素晴らしいアーティスト方々のご協力の元、
素敵な20周年記念パーティーを無事お祝いする事が出来ました。

ブランドを始める前からの仲間や、
ブランドが始まってから仲良くなれた友人や後輩達、
ここ最近顔を合わせる機会が増えていく中で仲良くして頂いてる新しい仲間達のご協力のおかげで、
私の小さな気持ちからスタートしたブランドが、
この様な盛大なイベントを開催できた事を深く感謝いたしております。

本当にありがとうございました。


二十歳を迎えたMACKDADDYですが、
もっともっとカッコイイ大人になれる様に益々精進していきますので、
皆様これからも宜しくお願い致します。

有限会社マックダディー
代表取締役 日下部 司
平成29年10月吉日


image1
マックダディー20周年イベント『New Age』
各出演アーティスト様のコメントを頂きました!

イベント開催まで、あと01!

LOW IQ 01 & MASTER LOW

OLEDICKFOGGY

OVER ARM THROW

Oi-SKALL MATES

10_FEET

Noshow

Learners

MIGHTY CROWNから頂きました20周年の
祝賀コメントと合わせてどうぞ〜〜
MIGHTY CROWN

newage_schedule02
マックダディー20周年イベント『New Age』
各出演アーティスト様のコメントを頂きました!

楽しみが止まらない感じなイベント当日まで、
あと3日!

Dizzy Sunfist

Fire Ball

Keishi Tanaka

locofrank

NAMBA69

image2
image1
black0624

ユースカルチャーを色濃く反映しながら、”デイリーユースとしての服作り” を根本に
1997年にスタートした MACKDADDY。
ブランドのインスピレーションソースの核となってきた音楽。
パンク、ハードコア、メタル、ロカビリー、スカなどのロックミュージックから、
レゲエ、ヒップホップ、ハウスなどのダンスミュージックまで、あらゆる影響を受け続けた。
それをライヴハウス/クラブフロアの雰囲気を読み取って、
DJが曲をセレクトしプレイするかのように、
その時々のムードやトレンドを見据えながらプロダクトに落とし込んできた。

アイテムセレクト、テキスタイルやシルエットはベーシックながらも、
ユースカルチャーから授かった恩恵を随所に差し込むウエアを生み出し続けたことへのオマージュとして、
20周年という節目となる2017年にイベントという形で表現。
20年という年月の間に生み出されたプロダクトの数だけ、
インスパイアされた音楽があり、アーティストとの邂逅があったことから、
そのアーティストたちが MACKDADDY を成すエレメントの1ピースであったことを
再確認するような20周年を記念したイベント MACKDADDY Presents 『NEWAGE』。

世代を超えて、現在の各々を生々しく全出演者が表現することで、
新しい時代がきっと切り拓く事を願って。

“You know you’ve got me swearing that I’ll get my own back”




MACKDADDY 20th ANNIVERSARY LIVE ”NEW AGE”
2017.10月1日(日) 新木場STUDIO COAST
OPEN 12:00 / START 13:00 前売り¥5,500(Drink代別・スタンディング)

LIVE ACT.
BRAHMAN
Dizzy Sunfist
Fire Ball
Keishi Tanaka
KONCOS
Learners
locofrank
LOW IQ 01 & MASTER LOW
MONOEYES
NAMBA69
Noshow
Oi-SKALL MATES
OLEDICKFOGGY
OVER ARM THROW
THE ZOOT16
10-FEET

ゆってぃ(OPENING ACT.)


DJ.
DaBook
DJ KYOKO
DJ SOULJAH
HABANERO POSSE
HIDEO
HIKARU(BOUNTY HUNTER)
MASTERPIECE SOUND
武蔵(doravalion)
OHNO(FLJ/DBX)
YU(VIRGO/CHRONOMETER)

[TICKET INFO]
6月24日(土)一般チケット発売
e+(pre order : 6/13-18)、 ぴあ(P: 334-974)、 ローソン(L:70709)

主催:MACKDADDY
制作:SMASH
お問合せ: SMASH 03-3444-6751

image2image1
6:1告知FIXXX

ユースカルチャーを色濃く反映しながら、”デイリーユースとしての服作り” を根本に
1997年にスタートした MACKDADDY。
ブランドのインスピレーションソースの核となってきた音楽。
パンク、ハードコア、メタル、ロカビリー、スカなどのロックミュージックから、
レゲエ、ヒップホップ、ハウスなどのダンスミュージックまで、あらゆる影響を受け続けた。
それをライヴハウス/クラブフロアの雰囲気を読み取って、
DJが曲をセレクトしプレイするかのように、
その時々のムードやトレンドを見据えながらプロダクトに落とし込んできた。

アイテムセレクト、テキスタイルやシルエットはベーシックながらも、
ユースカルチャーから授かった恩恵を随所に差し込むウエアを生み出し続けたことへのオマージュとして、
20周年という節目となる2017年にイベントという形で表現。
20年という年月の間に生み出されたプロダクトの数だけ、
インスパイアされた音楽があり、アーティストとの邂逅があったことから、
そのアーティストたちが MACKDADDY を成すエレメントの1ピースであったことを
再確認するような20周年を記念したイベント MACKDADDY Presents 『NEWAGE』。

世代を超えて、現在の各々を生々しく全出演者が表現することで、
新しい時代がきっと切り拓く事を願って。

“You know you’ve got me swearing that I’ll get my own back”




MACKDADDY 20th ANNIVERSARY LIVE ”NEW AGE”
2017.10月1日(日) 新木場STUDIO COAST
OPEN 12:00 / START 13:00 前売り¥5,500(Drink代別・スタンディング)

LIVE ACT.
BRAHMAN
Fire Ball
KEISHI TANAKA
Learners
LOW IQ 01 & MASTER LOW
Noshow
Oi-SKALL MATES
OLEDICKFOGGY
THE ZOOT16
10-FEET
and more

DJ.
DJ KYOKO
HABANERO POSSE
HIKARU(BOUNTY HUNTER)
MASTERPIECE SOUND
OHNO(FLJ/DBX)
YU(VIRGO/CHRONOMETER)
and more

[TICKET INFO]
オフィシャル先行予約 
*先行予約特典/オリジナル マフラータオル付き(特典は当日会場にて引換になります。)
受付期間:6月3日(土) 12:00 〜6月11日(日)23:59
受付URL: http://eplus.jp/mackdaddy20th/ 抽選制となります

6月24日(土)一般チケット発売
e+(pre order : 6/13-18)、 ぴあ(P: 334-974)、 ローソン(L:70709)

主催:MACKDADDY
制作:SMASH
お問合せ: SMASH 03-3444-6751
http://smash-jpn.com





2017 3/17(金)に新宿・アンチノックにて開催される
Return of ENTER THE DRAGON vol.2!

出演バンドの紹介第四弾は、
HUSKING BEE』です。

HUSKING BEE
磯部正文 / Vocal, Guitar
平林一哉 / Guitar, Vocal
工藤哲也 / Bass, Cho

94年結成、メンバーチェンジを経て磯部正文、工藤哲也、平本レオナの3人編成で全国的に活動。

00年平林一哉(G.Cho)が加入し4人編成で活動を続けるが05年3月6日に惜しまれながらも解散。
12年2月25日Devilock Nightで7年振りの再結成を果たし、その後9月15日AIR JAM 2012に出演、
同日をもってオリジナルメンバー工藤哲也(B)が抜け、新たに山崎聖之(Dr)、岸野一(B)が加入、
新生HUSKING BEEとして始動。
翌年には、9年振りとなるアルバム「SOMA」リリース。14年、通算7枚目アルバム「AMU」をリリース。

16年4月8日のライブをもって岸野一(B)、山崎聖之(Dr)が脱退。
5月8日からオリジナルメンバー工藤哲也を迎え再始動。
その後、ワンマンツアー「HUSKING BEE Tour 2016 ~Across The Sensation~」に突入。
9月からBACK DROP BOMBとの合同ツアー「Double Bond Tour 2016」を行う。
会場限定SPILIT CDを販売。
2016年12月7日 8th ORIGINAL ALBUM「Suolo」リリース
2017年1月〜札幌を皮切りに全国7都市「Paleosuolo Tour」を行う。

Official Web Site:http://www.husking-bee.com/

MACKDADDY presents
2017. 3.17(fri) @SHINJUKU ANTIKNOCK
「Return of ENTER THE DRAGON vol.2」
OPEN 18:00 / START 19:00

FRONTIER BACKYARD
HUSKING BEE
MEANING
OVER ARM THROW
DJ YU(VIRGO/CHRONOMETER)
DJ 山岸ユーマ(Version City)
DJ KUSAKABE(MACKDADDY TRAXXX)

DAY:¥2,500 (+1DRINK ¥600)
DOOR:¥3,000(+1DRINK ¥600)

チケット取り扱い:MACKDADDY / e+ / ぴあ(Pコード 324-026) / ANTIKNOCK店頭

発売日 2/11(sat)から販売開始

当日の会場への入場順は以下の通りです
1)マックダディー店頭購入チケット番号順
2)新宿アンチノック店頭購入チケット番号順
3)各プレイガイドチケット購入者分を交互の入場順となります
 ご了承下さいませ

お問い合わせ
MACKDADDY OFFICE 03-6804-7555
新宿アンチノック 03-3350-5670







2017 3/17(金)に新宿・アンチノックにて開催される
Return of ENTER THE DRAGON vol.2!

出演バンドの紹介第三弾は、
『MEANING』です。

2004年、東京・渋谷にて結成
2009年、高田雄一(Ba)加入
2010年、1stアルバムBRAVE NEW WORLDをPIZZA OF DEATHよりリリース
2014年、INOMAN(Dr)脱退、ニッシー(Dr)加入
現在の布陣となる

MACKDADDY presents
2017. 3.17(fri) @SHINJUKU ANTIKNOCK
「Return of ENTER THE DRAGON vol.2」
OPEN 18:00 / START 19:00

FRONTIER BACKYARD
HUSKING BEE
MEANING
OVER ARM THROW
DJ YU(VIRGO/CHRONOMETER)
DJ 山岸ユーマ(Version City)
DJ KUSAKABE(MACKDADDY TRAXXX)

DAY:¥2,500 (+1DRINK ¥600)
DOOR:¥3,000(+1DRINK ¥600)

チケット取り扱い:MACKDADDY / e+ / ぴあ(Pコード 324-026) / ANTIKNOCK店頭

発売日 2/11(sat)から販売開始

当日の会場への入場順は以下の通りです
1)マックダディー店頭購入チケット番号順
2)新宿アンチノック店頭購入チケット番号順
3)各プレイガイドチケット購入者分を交互の入場順となります
 ご了承下さいませ

お問い合わせ
MACKDADDY OFFICE 03-6804-7555
新宿アンチノック 03-3350-5670



2017 3/17(金)に新宿・アンチノックにて開催される
Return of ENTER THE DRAGON vol.2!

出演バンドの紹介第二弾は、
OVER ARM THROW』です。

2005年6月自主音源 “Chime/Full a letter” を制作、
ライブ会場を中心に限定1,000枚を即完売。
2006年3月8日、Machine Records / Flying High よりミニアルバム “SOUNDRIP”
12月6日、1stシングル “love us love our tales” 発売。
2007年10月10日には待望の1stフルアルバム、”Oath and Night War”を発売。
ニューアルバムを引っ提げ2008年は100本以上のライブを行った。

2009年にドラムの高橋玄が脱退。
9月、1st DVD “NO SWEET WITHOUT SWEAT”を発売。
待望の新ドラマー、寺本英司が入団。
2009年8月31日立川BABELにて入団会見を行った。
2011年10月19日、2ndフルアルバム
“Songs-what I sing when a war resounds this” 発売。
2011年10月から2012年4月まで計69本の全国ツアーを敢行。
ツアーファイナルの横浜BLITZはソールドアウト。

2013年10月、2ndシングル “will” と2nd DVD “Hands – are all the sounds -” を発売。
2013年10月3日、OVER ARM THROWとして横浜CLUB24WESTで初ライブをしてから、
ちょうど10年目の日に閉館直前の地元、横浜BLITZにてワンマンを行う事が決定。

菊池信也 Vo./Gt.
鈴野洋平 Ba./Cho.
寺本英司 Dr./Cho.


MACKDADDY presents
2017. 3.17(fri) @SHINJUKU ANTIKNOCK
「Return of ENTER THE DRAGON vol.2」
OPEN 18:00 / START 19:00

FRONTIER BACKYARD
HUSKING BEE
MEANING
OVER ARM THROW
more DJ’S

DAY:¥2,500 (+1DRINK ¥600)
DOOR:¥3,000(+1DRINK ¥600)

チケット取り扱い:MACKDADDY / e+ / ぴあ(Pコード 324-026) / ANTIKNOCK店頭

発売日 2/11(sat)から販売開始

当日の会場への入場順は以下の通りです
1)マックダディー店頭購入チケット番号順
2)新宿アンチノック店頭購入チケット番号順
3)各プレイガイドチケット購入者分を交互の入場順となります
ご了承下さいませ

お問い合わせ
MACKDADDY OFFICE 03-6804-7555
新宿アンチノック 03-3350-5670



2017 3/17(金)に新宿・アンチノックにて開催される
Return of ENTER THE DRAGON vol.2!

今回は出演バンドの紹介です
第一弾は『FRONTIER BACKYARD』です。

TGMX aka SYUTA-LOW TAGAMI(Vo)、福田“TDC”忠章(Dr)のSCAFULL KINGでも
共に活動する2人が2004年より組んだバンド。
サポートメンバーを含めた編成でのライブをおこなっており、2016年からは7人
編成での新編成での活動をスタート。

2004年に1stアルバム「FRONTIER BACKYARD」発売以降、5枚のオリジナルアルバムをリリース。
FUJI ROCK FESTIVAL、RUSH BALL、ROCK IN JAPAN、COUNTDOWN JAPAN、RISING
SUN ROCK FESTIVAL、KESEN ROCK FESTIVALなど多数の大型フェスにも出演。

2014年には、CDデビュー10周年を記念したベストアルバム「BEST SELECTIONS」
とリミックスアルバム「gladness」をリリース。
2015年には10周年の軌跡と12/14新木場スタジオコーストのライブを収めたDVD
「surroundings」をリリースしている。
最新作のタワーレコード限定”FUN BOY’S YELL”を新生FBYとしてリリースしたばかりだ。


MACKDADDY presents
2017. 3.17(fri) @SHINJUKU ANTIKNOCK
「Return of ENTER THE DRAGON vol.2」
OPEN 18:00 / START 19:00

FRONTIER BACKYARD
HUSKING BEE
MEANING
OVER ARM THROW
more DJ’S

DAY:¥2,500 (+1DRINK ¥600)
DOOR:¥3,000(+1DRINK ¥600)

チケット取り扱い:MACKDADDY / e+ / ぴあ(Pコード 324-026) / ANTIKNOCK店頭

発売日 2/11(sat)から販売開始

当日の会場への入場順は以下の通りです
1)マックダディー店頭購入チケット番号順
2)新宿アンチノック店頭購入チケット番号順
3)各プレイガイドチケット購入者分を交互の入場順となります
ご了承下さいませ

お問い合わせ
MACKDADDY OFFICE 03-6804-7555
新宿アンチノック 03-3350-5670



Happy Valentine♥♥♥
enterol_omote

昨年2016年4月1日に開催された
伝説の一夜から早一年。

「Return of ENTER THE DRAGON vol.2」が
新宿・アンチノックにて開催決定!!!

今回の出演はFRONTIER BACKYARD、HUSKING BEE,
MEANING、OVER ARM THROW の4バンドが出演決定!

MACKDADDY presents
2017. 3.17(fri) @ANTIKNOCK
「Return of ENTER THE DRAGON vol.2」
OPEN 18:00 / START 19:00

FRONTIER BACKYARD
HUSKING BEE
MEANING
OVER ARM THROW
more DJ’S

OPEN 18:00 / START 19:00
DAY:¥2,500 (+1DRINK ¥600)
DOOR:¥3,000(+1DRINK ¥600)

チケット取り扱い:MACKDADDY / e+ / ぴあ(Pコード 324-026) / ANTIKNOCK店頭

発売日 2/11(sat)

お問い合わせ
MACKDADDY OFFICE 03-6804-7555
新宿アンチノック 03-3350-5670

let’s party!
peace

enterol_ura
img_7636

2016年12月22日(木)23日(金)に、
東北ライブハウス大作戦
~井浦新 自選映画上映会~ と題して、
井浦新本人が自選した出演映画3作品の上映会を、
以下のスケジュールでクラブカウンターアクション宮古にて開催致しました。

12月22日(木)
18時30分開場 19時開演
『ワンダフルライフ』是枝裕和監督

12月23日(金)
12時30分開場 13時開演
『かぞくのくに』ヤン・ヨンヒ監督

12月23日(金)
18時30分開場 19時開演
『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』若松孝二監督

2日間でご来場頂きました皆様、
本当にありがとうございました。

当日になってみないと分からない点など不安材料も多々有りましたが、
新とカウンターアクション宮古のスタッフとが協力し合って、
映画館とはまた違った雰囲気の素敵な上映会が出来たかと思います。

ライブハウスならではの音響のお陰か、テレビや映画館では感じ取れなかった
映画内の音なども鮮明に聞こえて、井浦新自身も驚いておりました!

上映時間の間違いや、東北新幹線の遅れなどもあり、
当日スケジュールの変更もございまして、
お客様へはご迷惑をおかけしまして、大変申し訳ございませんでした。

次回も東北ライブハウス大作戦と一緒に出来る事を模索し、
出来る範囲内のサポートや企画を進めて行けたらと思います。

次回に繋げます!!!

img_7704
       img_7705
img_7709
img_7715
       img_7717
img_7702
2016_iuraarata_eigasai_ol_front

東北ライブハウス大作戦
~井浦新 自選映画上映会~

ライブハウスに生きる仲間たちが全力で立ち上げたプロジェクト【東北ライブハウス大作戦】
ライブハウスで育った端くれとして、どうにか携わりたかった!
今回、この様な機会をつくれて本当に嬉しく思います。

バンドマンは音楽で人と人を繋げ、大きな輪をつくり、対話をすることができる。
自分にとってのそれは、映画なのだと思います。
今回、役者として参加してきた映画の中から、思い入れ深い三作品を選ばせてもらいました。
映画館とはまた雰囲気の違うライブハウスでの上映は自分も初めてです。
いつもとは違う対話が生まれてくるのではないかと楽しみしています。
                                    井浦 新


2016年12月22日(木)23日(金)に、
東北ライブハウス大作戦
~井浦新 自選映画上映会~ と題して、
井浦新本人が自選した出演映画3作品の上映会を、
クラブカウンターアクション宮古にて開催され、
12月23日(金)の19時上映予定の『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』の紹介です。


『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『憂国』『サド侯爵夫人』など、
数々の名作を著し三島由紀夫(井浦新)はノーベル賞候補と目される文豪になっていた。
その一方で、学生運動全盛期の1968年(昭和43年)、
三島は民族派の学生らとともに民兵組織・楯の会を結成。
有事の際には自衛隊とともに治安出動し、自衛隊国軍化に命を賭す覚悟であった。
しかし暴動が起きても警視庁機動隊がこれを治め、
自衛隊の出る幕はなく、三島と楯の会の面々は歯噛みする。
三島の見つめてきた二・二六事件、浅沼稲次郎社会党委員長刺殺事件、
安田講堂事件をはじめとする学生運動、戦後の日本とは。
そして、1970年(昭和45年)11月25日、三島は楯の会の4人と共に、
陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地へと向かう。



12月22日(木)
18時30分開場 19時開演
『ワンダフルライフ』是枝裕和監督

12月23日(金)
12時30分開場 13時開演
『かぞくのくに』ヤン・ヨンヒ監督

12月23日(金)
18時30分開場 19時開演
『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』若松孝二監督


各回前売り¥1,300(税込み) 11/23(水)午前10時より、
プレイガイドe+イープラス(eplus.jp)とクラブカウンターアクション宮古店頭にて発売開始。

*両当日は井浦新本人が、各映画上映後に会場にて、トークライブ(約60分)を行います。
*収益金は東北ライブハウス大作戦でつくられたライブハウスの運営費として寄付させて頂きます。
*当日会場にてグッズ購入と木札大作戦に参加して頂いたお客様には、
 当日会場にてトークライブ後に井浦新とのサイン会と写真撮影会に参加する事が出来ます。
*会場内の飲食物の持ち込みはご遠慮下さい。

木札作戦とは?
 今回東北ライブハウス大作戦では、ご賛同いただける方に
 一口¥5,000での募金協力をお願いする、木札作戦を開始します。
 募金していただいた方のお名前をヒノキの札(幅70mm、高さ180mm、厚さ12mm)
 に記載し、宮古、大船渡、石巻の完成したライブハウス内の壁を皆様の木札で
 作っていくという作戦です。

 複数口の場合は、口数が木札の枚数となります。(例:3口→木札3枚)
 募金していただいた方のお名前はホームページにて随時載せて行きます。
 ご協力よろしくお願いします。

*2016年2月を持ちまして、振込による木札作戦への募金は終了いたしました。
 ご希望の方は、直接カウンターアクション宮古店頭にてお声がけください。

2016_iuraarata_eigasai_ol_back
2016年 10月15日に開催された 『HIGUMA ROCK』 にて、
皆様のご協力を頂きました募金額『¥9,948』を、
平成28年台風10号大雨被害への義援金として、
北海道南富良野町で、平成28年台風10号の大雨による水害で
被災された方々を支援するために、義援金をお振込させて頂きました事をご報告致します。

皆様のご協力誠にありがとうございました。

被災された方々の1日でも早い復興を願います。

20161208190231_00001

2016_iuraarata_eigasai_ol_front

2016年12月22日(木)23日(金)に、
東北ライブハウス大作戦
~井浦新 自選映画上映会~ と題して、
井浦新本人が自選した出演映画3作品の上映会を、
クラブカウンターアクション宮古にて開催され、
12月23日(金)に上映される映画『かぞくのくに』の紹介です。


12月23日(金)
12時30分開場 13時開演
『かぞくのくに』ヤン・ヨンヒ監督

在日コリアンのソンホは総連の重役を務める父の勧めに従い、
当時「理想郷」と称えられていた北朝鮮の「帰国事業」に参加し半島に渡り、
現地で結婚し子供も生まれたが、離れ離れとなった家族の再会は果たされていなかった。

それから25年、ソンホの一時帰国が実現する。
ソンホは脳に悪性の腫瘍を患い、その治療のため、3ヶ月の期間限定で日本滞在が許されたのだ。
久々の再会に妹のリエや母ら、家族は歓喜し、ソンホを温かく迎え入れる。
だがソンホには常に同志ヤンが付き従い、その行動を制限・監視していた。

検査の結果、ソンホの治療は3ヶ月では足らず半年以上の入院が必要だと告げられ、
手術を断られてしまう。なんとかソンホの腫瘍を治療させようと、
リエがソンホの幼馴染で医者に嫁いだスニに相談していた矢先、
朝鮮本国より突然の帰国命令が下る。



12月22日(木)
18時30分開場 19時開演
『ワンダフルライフ』是枝裕和監督

12月23日(金)
12時30分開場 13時開演
『かぞくのくに』ヤン・ヨンヒ監督

12月23日(金)
18時30分開場 19時開演
『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』若松孝二監督

各回前売り¥1,300(税込み) 11/23(水)午前10時より、
プレイガイドe+イープラス(eplus.jp)とクラブカウンターアクション宮古店頭にて発売開始。

*両当日は井浦新本人が、各映画上映後に会場にて、トークライブ(約60分)を行います。
*収益金は東北ライブハウス大作戦でつくられたライブハウスの運営費として寄付させて頂きます。
*当日会場にてグッズ購入と木札大作戦に参加して頂いたお客様には、
 当日会場にてトークライブ後に井浦新とのサイン会と写真撮影会に参加する事が出来ます。
*会場内の飲食物の持ち込みはご遠慮下さい。

木札作戦とは?
 今回東北ライブハウス大作戦では、ご賛同いただける方に
 一口¥5,000での募金協力をお願いする、木札作戦を開始します。
 募金していただいた方のお名前をヒノキの札(幅70mm、高さ180mm、厚さ12mm)
 に記載し、宮古、大船渡、石巻の完成したライブハウス内の壁を皆様の木札で
 作っていくという作戦です。

 複数口の場合は、口数が木札の枚数となります。(例:3口→木札3枚)
 募金していただいた方のお名前はホームページにて随時載せて行きます。
 ご協力よろしくお願いします。

*2016年2月を持ちまして、振込による木札作戦への募金は終了いたしました。
 ご希望の方は、直接カウンターアクション宮古店頭にてお声がけください!。

2016_iuraarata_eigasai_ol_back
2016_iuraarata_eigasai_ol_front

2016年12月22日(木)23日(金)に、
東北ライブハウス大作戦
~井浦新 自選映画上映会~ と題して、
井浦新本人が自選した出演映画3作品の上映会を、
クラブカウンターアクション宮古にて開催され、
12月22日(木)に上映される映画『ワンダフルライフ』の紹介です。


『ワンダフルライフ』是枝裕和監督

「貴方の一番大切な思い出を1つだけ選んでください。」
死んでから死後の世界へと旅立つまでの1週間、
死者達は「そこ」で一番大切な思い出を選ぶ。
その思い出は、彼らと「そこ」のスタッフ達の手によって映画として再現される。
そして、その記憶が頭の中に鮮明に蘇った瞬間、
彼らはその「一番大切な記憶」だけを胸に死後の世界へと旅立っていくのだ……。
選んでください。貴方の一番大切な思い出はなんですか?



12月22日(木)
18時30分開場 19時開演
『ワンダフルライフ』是枝裕和監督

12月23日(金)
12時30分開場 13時開演
『かぞくのくに』ヤン・ヨンヒ監督

12月23日(金)
18時30分開場 19時開演
『11.25自決の日 三島由紀夫と若者たち』若松孝二監督

各回前売り¥1,300(税込み) 11/23(水)午前10時より、
プレイガイドe+イープラス(eplus.jp)とクラブカウンターアクション宮古店頭にて発売開始。

*両当日は井浦新本人が、各映画上映後に会場にて、トークライブ(約60分)を行います。
*収益金は東北ライブハウス大作戦でつくられたライブハウスの運営費として寄付させて頂きます。
*当日会場にてグッズ購入と木札大作戦に参加して頂いたお客様には、
 当日会場にてトークライブ後に井浦新とのサイン会と写真撮影会に参加する事が出来ます。
*会場内の飲食物の持ち込みはご遠慮下さい。

木札作戦とは?
 今回東北ライブハウス大作戦では、ご賛同いただける方に
 一口¥5,000での募金協力をお願いする、木札作戦を開始します。
 募金していただいた方のお名前をヒノキの札(幅70mm、高さ180mm、厚さ12mm)
 に記載し、宮古、大船渡、石巻の完成したライブハウス内の壁を皆様の木札で
 作っていくという作戦です。

 複数口の場合は、口数が木札の枚数となります。(例:3口→木札3枚)
 募金していただいた方のお名前はホームページにて随時載せて行きます。
 ご協力よろしくお願いします。

*2016年2月を持ちまして、振込による木札作戦への募金は終了いたしました。
 ご希望の方は、直接店頭にてお声がけください!。

2016_iuraarata_eigasai_ol_back

HIGUMA ROCK情報〜

POSTED ON
2016.10.13
いよいよ2日後に “HIGUMA ROCK” 開催!

第1回目は”KEISHI TANAKA” ,”NOSHOW”、
そして”CUBISMO GRAFICO FIVE”をゲストに迎え、
音楽と食と北海道を紹介するイベント(呑み会)が『HIGUMA ROCK 』です。

当日は恵比寿の居酒屋 “マルイチ本店”の軽食や、
北海道物産展的に北海道の食品なども販売予定です。

今回のイベント記念Tシャツは
幡ヶ谷再生大学 Tシャツ再生大作戦のリユースTシャツを
ボディーとして使用しております。

2015年9月9日台風18号による水害が関東と東北地方に発生しました。
台風の影響で浸水したTシャツを選別し、キレイに洗ったTシャツを、
Tシャツ再生大作戦のプリントしてあります。
そのため色落ちしてる物、縮んでしまっている物、シミになっている物、
まったくダメージの無い物と様々有りますが、
それらもひっくるめてアイテムの『個性』ととらえてもらえると幸いです。


幡ヶ谷再生大学 Tシャツ再生大作戦とは
2015年9月9日台風18号による水害が関東と東北地方に発生しました。
現在、幡ヶ谷再生大学復興再生部とSAVE THE HIROSHIMA
復旧活動に入っている現場のTシャツプリント工場に
おいて、工場の機械の全てと数万枚のTシャツが水没してしまいました。

これらの水没してしまったTシャツは、行政からは災害ごみとして扱われず、
個人での処分をする場合莫大な廃棄費用がかかる事がわかり、
どうすることもできなくなってしまいました。

プリントの機械も壊れ、片付けも遅々として進まず、
再開の目途が立たない工場の復旧作業を続けているうちに、
このTシャツ達をこのまま捨ててしまうのはもったいないと考えるようになりました。

幡ヶ谷再生大学復興再生部ではTシャツ再生大作戦として、
そんな水没した無地のTシャツを皆で選別、洗濯、干して、
たたみ、仕分けをし、加工を行いリユースするプロジェクトを立ち上げました。

幡ヶ谷再生大学復興再生部では不定期で参加募集を行っていますので、
twitterもしくはWebをチェックしてください。
また平日や幡ヶ谷再生大学が募集していない土日は自主練という形で活動を行っています。
参加できる方は常総自主練twitter @joso_jishuren までお問い合わせください。

出演は
Cubismo Grafico Five
Noshow
Keishi Tanaka

DJ KUSAKABE(本人)
DJ TAKASHI(ご安全に)

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV ¥3000 (+1drink) / DOOR ¥3500 (+1drink)
※1dirink ¥600
L:71142
LAWSON、e+にて 8.13(sat) Ticket on sale!!
LAWSON PCMOB / e+ PCMOB
FEVER店頭にて 8.11(thu) 13:30~ Ticket on sale!!
※FEVER店頭とLAWSONとe+の入場順は並列です。

Cubismo Grafico Five HP
Noshow HP
Keishi Tanaka HP

GOOD MUSIC
GOOD FOOD
GOOD HOKKAIDO

161015-thumb-300x138-5233

https://youtu.be/0h-zhU19Pn0







15/10/2016/ HIGUMA ROCK vol1

POSTED ON
2016.10.03
image1
2016年10月15日に新代田FEVER にて、
故郷北海道を少しだけプレゼンするイベント『HIGUMA ROCK』を開催致します。

北海道の知床に生を受け、
高校生迄を何も不自由無く手塩にかけ育てられた、
日下部司(有限会社マックダディー代表/末っ子)も、
東京に上京して早27年!

気がついたら東京での生活が長くなり、
いつのまにかシティーボーイ気取りの自分が。。。

そんな私のアイデンティティーは何処なのだ?!と言う事で、
生まれ故郷『北海道』の魅力を少しでも伝える為に、
CUBISMO GRAFICO FIVEのBa,シゲ(北海道 札幌市生まれ)の人間力を借り、
第1回目は”KEISHI TANAKA” ,”NOSHOW”、
そして”CUBISMO GRAFICO FIVE”をゲストに迎え、
音楽と食と北海道を紹介するイベント(呑み会)が『HIGUMA ROCK 』です。

ヒグマが日本の生態系のトップなんだって事を感じとってもらえる様な、
野性味がキツく自然押しがうるさい位な、
そんな夢の有る素晴らしいイベントにして行きたい所存です。

当日は恵比寿の居酒屋 “マルイチ本店”の軽食や、
北海道物産展的に北海道の食品なども販売予定です。

出演は
Cubismo Grafico Five
Noshow
Keishi Tanaka

DJ KUSAKABE(本人)
DJ TAKASHI(ご安全に)

OPEN 17:30 / START 18:00
ADV ¥3000 (+1drink) / DOOR ¥3500 (+1drink)
※1dirink ¥600
L:71142
LAWSON、e+にて 8.13(sat) Ticket on sale!!
LAWSON PCMOB / e+ PCMOB
FEVER店頭にて 8.11(thu) 13:30~ Ticket on sale!!
※FEVER店頭とLAWSONとe+の入場順は並列です。

Cubismo Grafico Five HP
Noshow HP
Keishi Tanaka HP

GOOD MUSIC
GOOD FOOD
GOOD HOKKAIDO

161015-thumb-300x138-5233

https://youtu.be/0h-zhU19Pn0







NEW ACOUSTIC CAMP 2016

POSTED ON
2016.09.12
img_mainvisual

9月17日(土)、18日(日)は群馬県水上高原で開催される
“NEW ACOUSTIC CAMP 2016“
MACKDADDYブースとして参加させて頂きます。

こちらのフェスはBRAHMAN/OAUのメンバーが中心となって開催されてる、
わらう、うたう、たべる、ねっころがる。を基本に、
山とキャンプと音楽が、”そこに同じく在る”
アウトドアイベントです。

今年もマックダディーブースは、
ここでしか入手出来ないアイテムや、
ワークショップとしてレザーリストバンドや、
バンダナを使用したアクセサリー作成などを用意して、
マックダディーチームも楽しんで参加しますyo〜〜〜
当日はみんなで楽しく遊びましょ

NEW ACOUSTIC CAMP主催の2人のインタビューも、
お二人の気持ちを感じとれると思うので、
是非読んでみて下さい〜〜
“New Acoustic Camp OFFICIAL BLOG”


NEW ACOUSTIC CAMP 2016とは?

わらう、うたう、たべる、ねっころがる。
〜 New Acoustic Campの山と音の遊び方 〜

みなさんから親しみを込めて、
すっかり「ニューアコ」の愛称で呼んでいただけるように
なったこのキャンプイベントは、今年で7回目を迎えます。

昨年は、音楽の小部屋のような可愛らしいステージも
仲間にくわわり、さらに多くの場所で幸せな顔が
ホロホロとほころんだ、笑顔つながる景色が広がっていました。

そんなニューアコは、
いわゆる音楽フェスティバルとはちょっと違った、
山とキャンプと音楽が、”そこに同じく在る”
アウトドアイベントです。

全身をつかって遊び、
またはヒラメキに心踊らすワークショップ。
どれもこれも味見をしてしまいたい
素敵な店構えの飲食店。

会話がはずんではじまる弾き語りや
ステージでの予定外のセッションなど、
それぞれが自由に楽しみ、そしてゆずりあって過ごす
のんびりとした時間とどこか懐かしさ漂う空間には、
驚きや感動がここかしこに顔をのぞかせてくれます。
一面の芝生はねっころがったり裸足で走ったり、
(このふかふかの緑の絨毯は、日本一”でんぐり返し”
したくなるイベントかもしれないですね。)
そんな心地よい高原の木立の向こうからは、
さわやかな風がキラキラの生楽器の
メロディーに乗って葉を揺らし、
バーベキューやアウトドア料理のにおいは、
いたずらなしぐさでお腹の音をはこんで来ます。

太陽が一日の始まりを告げると
樹木たちは光って見えるほどに映え、
朝露は神秘的な球体で
自然の恵みと畏怖を凛として伝えてくれているようです。

清澄な山の空気は、大切な人を想うことはもちろん、
自分とも向き合う穏やかな時間を
巡り合わせてくれるかもしれません。

空まで続く深緑に白樺の群生が浮かぶ、爽快な水上高原。
今年もここでみなさんと、
ともに遊び、ともにニューアコをつくれることを、
心から楽しみにしています。

New Acoustic Camp実行委員会

開催概要
公演名称
New Acoustic Camp 2016

日程
2016年9月17日(土)18日(日)
17日(土)OPEN 08:00/START 11:00 終演21:30(予定)
18日(日)OPEN 08:00/START 08:30 終演17:00(予定)
※雨天決行

会場
水上高原リゾート200(トゥーハンドレッド)
※群馬県利根郡みなかみ町/水上高原 ゴルフコース・スカイコース

主催
New Acoustic Camp実行委員会(N.A.C)

特別協賛
Columbia

協賛
Coleman / CHUMS / ほか

後援
みなかみ町 / みなかみ町商工会 / みなかみ町観光協会 / FMぐんま / InterFM

特別協力
水上高原ホテル200

協力
TOWER RECORDS / トコナツ歩兵団 / 東武緑地ほか

問合せ
Zeppライブ 03-5575-5170(平日13:00〜17:00)

KESEN ROCK 2016 2日目終了!

POSTED ON
2016.07.17
KESEN ROCK 2016 2日目、昨夜無事に終了致しました〜

2日目はKESENの名物と言っても過言ではない、
それはもう安定の雨&霧からのスタートで、
我々も今回で3回目の参加となるので、
もう慣れたもんですよ。。

それはそれはお客様も一緒で、
全く動じておりません。

本当はお客様が一番のケセンロックプロだと思いました!

それでは安定の2日目の写真をどうぞ〜〜

ライブ前に寄ってくれた、10FEET NAOKI君!
新作Tシャツお似合いだよ〜〜

IMG_3259

片平里菜さんのアコースティックライブ、
ビシビシ凄く楽しかったです!

IMG_3264

昨日のライブも最高だった、locofrank Vo/Baの木下君.
是非、走る時に使用して下さい〜

IMG_3258

最後は、釜石のヒクソングレイシー平野ジンです!
2日間、平野ファミリーのサポートのお陰で助かり&癒されました!

FullSizeRender

ケセンロックと言うフェスは、
本当に地元の方々が手作りで運営を行ってて、
不思議なもので会場に通えば通う程に、
大好きになって行く特別なイベントだと思ってます。

今回も多くの出会いの中、無事マックダディー出店のお仕事を
終わらせる事が出来ました。

ブースに寄って頂いた多くのお客様と関係者の皆様、
2日間本当にありがとうございました。
スタッフの皆様方、本当に本当にお疲れ様でした
来年も会場でお逢いしましょうね

bless you

KESEN ROCK 2016 1日目

POSTED ON
2016.07.16
7月16日(土)17日(日)、岩手県気仙郡で開催されてる、
KESEN ROCK 2016にMACKDADDYブースとして、
東北ライブハウス大作戦ブース内に出店いたしまして
無事に1日目が終了致しました!

初日は珍しく天候にも恵まれ、
絶好のケセンロック日和でした。

では初日の写真をどうぞ!

オープン時の日下部代表!
顔色良し、問題無いっす!
IMG_3232

激しく盛り上がっております、MAN WITH A MISSIONのライブ!
IMG_3239

仲良し夫婦、BRAHMAN Gt.のKOHKIと嫁カオリ!
少し代表のお顔の色が。。。
IMG_3247

OVER ARM THROWのVo./Gt.菊池君と!
MACKDADDYのサングラス、似合ってますよ〜
IMG_3248

最後はMAN WITH A MISSIONのTokyo Tanakaパイセンとガゥガゥ!
社長、お疲れ様でした。。。。。。
IMG_3242

KESEN ROCK 2016 2日目も宜しくお願いします!!!