スポンサーリンク
病気

津久井教生 ALS診断!嫁や子供はいる?声優の仕事は引退?

 

声優の津久井教生さんの病名がALSと診断されたと現代ビジネスで報道されました。

ALSとは筋萎縮性側索硬化症という病気で筋肉がだんだんやせて力がなくなっていくとの事です。

声優の仕事は引退してしまうのでしょうか?また家族(嫁や子供)はいるのかについても見ていきたいと思います。

スポンサーリンク



津久井教生 ALSとはどんな病気?

声優の津久井教生さんの病名はALSと診断されたようです!

いったいどのような病気なのか調べてみると「筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく」と記載されていました。

筋萎縮性側索硬化症とは
筋萎縮性側索硬化症(ALS)とは、手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく病気です。しかし、筋肉そのものの病気ではなく、筋肉を動かし、かつ運動をつかさどる神経(運動ニューロン)だけが障害をうけます。その結果、脳から「手足を動かせ」という命令が伝わらなくなることにより、力が弱くなり、筋肉がやせていきます。その一方で、体の感覚、視力や聴力、内臓機能などはすべて保たれることが普通です。

引用元:難病情報センター

津久井教生さんはまだ59歳とお若いのに何故このように病気になってしまったのでしょうか!?

原因はまだ判明していませんが神経の老化と関係があるとも言われています。

最近、声優業界では若い方が相次いで亡くなられています。

声優という仕事と病気や亡くなってしまう事の因果関係が無いのかちょっと気にかかります。

ただALSの病気になってしまいましたが声に関しては問題がないようですのでまた完治した際には声優のお仕事で復活して欲しいです。

スポンサーリンク



津久井教生 ALS診断の報道

報道された内容はこちらです。

病名は「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」でした。

 さぁ、もう名無しの権兵衛病ではありません、これからはこのALSをどのように治療していくかになるはずです。
ところが、この病気は思っていた以上に厄介な病気なのでした。

———-
2019年10月にALSを発症していることを公表した、声優の津久井教生さん。ニャンちゅうの声で人気も高く、精力的に朗読劇なども行って来た津久井さんが自身の身体に異変を感じたのは、2019年3月のことでした。突然転んだ日から、歩行が困難になるほどになったのです。しかし病名を特定するまでには、医師と信頼関係を積み重ね、痛い検査を乗り越えて半年の時間を要しました。

引用:現代ビジネス|2020年6月6日

スポンサーリンク



津久井教生 嫁や子供

津久井教生さんは結婚したお嫁さん(妻)がいるようです。

津久井教生の嫁

津久井教生ブログ

ブログに既婚者であると書かれています。

しかしながらお嫁さんや子供に関しての情報はあまり出ていませんでした!

という事から考えて一般人の女性であるのでしょう!

以前、twitterでは津久井教生さんの息子と名乗った方がツイートしていたので子供も居ると思われます。

今、働き盛りだったのに父親である津久井教生さんがALSの病気によって車椅子生活になりご家族も一番大変な時期だと思われます。

家族で一致団結してなんとか乗り越えて1日でも早く完治して欲しいと思います。

スポンサーリンク



津久井教生 ALS診断|口コミ

左の黒いTシャツを着た男性が津久井教生さんです。

 
◎ 難病は申請した日からいろいろ効力が発生する制度です。
病名が確定するまでの長い検査や経過観察は対象外です。
遡っても請求できません。
自費で検査を受け、交通費や宿泊費、入院費用を払う経済的負担は大変なものです。
難病の制度をもっと患者に寄り添ったものにしたほうがいいと強く願います。

 
◎ 大学でALSの勉強しました。モリー先生との火曜日という本を読んで、生きることとは?と自問自答したのを覚えています。医者からの「好きなことをして下さい」という言葉は一見残酷な様で、ALSとこれから共存することを思うと、とにかく好きなことをするというのは大切なキーワードなのかなと思います。その中で、自分らしい生き方をしたり、模索すること、、それがすごく大事ですね。

 
◎ 「1万人余り」の1人にあたる男性を知っているけど、本人がつらいだけでなく、介護する家族も大変そうだよ。特に奥さん。患者の生活のあらゆる場面(移動、食事、着替え、就寝・起床時などなど)を手伝わなきゃいけなくなるから、昼夜を問わず自分の時間なんてまともに取れなくなる。子育ての時期と違って、介護する人間の体力が落ちているから、余計に大変。
津久井さん自身も大変だろうけど、きっと奥さんも大変なはず。支える手が増えれば少しは負担も減るだろうから、くれぐれも1人で抱え込みすぎないで欲しいです。

スポンサーリンク



津久井教生 ALS診断のまとめ

津久井教生さんの病名がALSと診断されたとの事です。

ALSとは簡単に言うと筋肉の病気のようです。

しかしながら声は出せるのでまた元気になったら声優のお仕事に復帰して欲しいですね。

結婚したお嫁さんや子供たちが津久井教生さんの支えになって頑張ってくれると思います。

1日も早い回復を願っております。

スポンサーリンク



関連

 

「柴咲コウの存在感」

柴咲コウの存在感がすごい!エールで志村けんと共演。動画あり
柴咲コウさんの存在感がすごいとNEWSポストセブンが報道しました。 NHK朝ドラ「エール」に出演しているオペラ歌手役の柴咲コウさんの存在感が主演の窪田正孝さんと二階堂ふみさんを圧倒しています。 志村けんさんとの共演も素晴...

 

「糸井嘉男 仰天」

糸井嘉男 仰天した理由や動画!嫁は誰?糸井恵美の顔画像あり。
プロ野球阪神の糸井嘉男さんが仰天したと日刊スポーツで報道されました。 仰天した理由は対戦相手のソフトバンク柳田悠岐選手が特大ホームランを打ったからでした(動画あり) また糸井嘉男選手の嫁(妻)は糸井恵美さんなのか深掘りし...

スポンサーリンク



コメント

スポンサーリンク